4月13日は「喫茶店の日」。コーヒーの街・神戸で美味しい珈琲を愉しむ。

4月13日は「喫茶店の日」。日本ではじめて喫茶店がうまれた日です。

喫茶店の日

1888年(明治21年)のこの日、東京・上野に日本初の喫茶店「可否茶館(かひいさかん)」が開業したのが由来です。「コーヒーを飲みながら知識を吸収し、文化交流をする場」としてオープンさせたのです。
1階がビリヤード場、2階が喫茶室の2階建て洋館で、1杯2銭の牛乳入りコーヒーよりも安い1銭5厘で提供していましたが、残念ながら5年で閉店しました。

明治時代の開港以来、多くの外国文化を受け入れてきた神戸港。コーヒー文化もそのひとつです。神戸には、老舗や名店と呼ばれる喫茶店をはじめ地元の人に愛され続ける店がたくさんあり、一世帯あたりの喫茶店における消費量も全国的に高いのが特徴です。ちなみに神戸元町には日本最初の喫茶店と言われる『可否茶館』さんよりも前にコーヒーを販売していたお店(明治7年創業の『放香堂』さん)があります。

喫茶店の日

神戸っ子は買い物をした後、食事をした後、甘いものが食べたいときに喫茶店で過す時間を大切にしてきました。みなさんには“お気に入りの喫茶店・カフェ”などありませんか?カフェ・喫茶店はもちろん、コンビニでも…今さまざまな形でコーヒーを愉しむことができるようになっています。またコーヒーと一緒にスイーツなどもたくさんあり“インスタ映え”などという言葉も生まれています。

お気に入りのカフェで思い思いの時間を過ごす…みなさんも「コーヒーの街」と言われる神戸で、美味しい珈琲を愉しみませんか?「神戸珈琲職人」のカフェではみなさまに挽き立ての美味しいコーヒーをご用意しております。ぜひお立ち寄りください。

 

 

●「神戸珈琲職人」のカフェ:アクセス
http://kobecoffeemeister.com/map.html

カテゴリー: コーヒー豆知識 タグ: , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です